上映会

「Copyright Criminals × Secondhand Sureshots」-Screening and Talk –

「Copyright Criminals × Secondhand Sureshots」– Screening and Talk –
   7/31(sun) 15:30~ @横浜GRASSROOTS

designed by Kazuya Ito a.k.a toi73

 

単に音楽の一制作手法としてのみならず,過去と現在をつなぎ,ストリートの人々の声やメッセージをレコードで混ぜ合わせ,これらを新しい文脈で伝えていくサンプリングという表現手法。サンプリングに焦点をあてた映像作品「Copyright Criminals」 「 Secondhand Sureshots」の上映及びトーク・セッションにより,サンプリングの表現手法としての意味や可能性,さらにはラジオやインターネット等のメディアやフェアユースを含む著作権法制など音楽を支える環境のあり方を見つめ,クリエイティビティの可能性に迫ります。

Screening

Copyright Criminals~音楽は誰のもの?」

監督:ベンジャミン・フランツェン、ケンブリュー・マクレオド
出演:クライド・スタッブルフィールド、チャック・D、デ・ラ・ソウル、 ほか
カラー54 2009年 アメリカ
翻訳:玉川千絵子
作品説明:
「他人の作品を自分の作品の一部に使用することが許されるのだろうか。「音」に著作権はあるのか。本作品『コピーライト・クリミナルズ』では、こうした問題をヒップホップ・アーティストのサンプリング音楽を取上げながら検証していく。また、音楽プロデューサーや DJ、音楽や法律の専門家へのインタビューを通じて、サンプリングを取り巻く問題や、法律がヒップホップ音楽の製作過程を変化させてしまったことなどを描き出している。」

Secondhand Sureshots

 


 

制作:dublab
販売:disque corde
出演:デイデラス、ノーバディ、J・ロック、ラス・Gカラー30分 2008年 アメリカ
翻訳:ハシム・バルーチャ
作品説明:
5ドルでゲットできる5枚の中古レコードから曲を作る――このミッションにLAを代表する4人のビートメイカー&DJ(デイデラス、ノーバディ、J・ロック、ラス・G)が挑む。音楽への愛情がこもったテーマと、ユーモアに溢れたディテイルをプロデュースしたのは、LAシーンの核であるネットラジオDUBLAB!」


Talk
白石裕一朗,原雅明、KenseiSagaraxx

著書”音楽から解き放たれるために”でサウンド・リサイクルという考え方を提示するとともに、dublabによるクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを用いたリミックスプロジェクト”INTO INFINITY”を日本で展開するなどしてサウンド・リサイクルによる音楽の進化を試みている原雅明氏。
Coffee & Cigarettes Band
として、”INTO INFINITY”に集まったループサウンドのリミックスや、様々なミュージシャンとのセッションを通じ、音楽の進化や繋がりを実践しているKensei氏とSagaraxx氏。
そして,AZZURROとして楽曲制作をするとともに、サウンド&レコーディング・マガジンで最新の音楽制作機材や制作手法、さらには様々な音楽シーンを紹介する白石裕一朗氏の司会により,クリエイティビティの可能性に迫ります。

Information
日時:7/31(日曜)15:30~
会場:Grass Roots 横浜市神奈川区鶴屋町2-13-3渡辺ビルB1F
料金:1500円(1ドリンク)
お問い合わせ:o_some@zoho.com
presented by
5th-element
suported by
IndiePix Films
dublabdisques corde Grass Roots and Creative Commons Japan

5th-elementとは..

5th-element.jpでは、ヒップホップの五つめのエレメント「知識」に焦点をあて、音楽を通じて身の回りや世界で起きている社会問題に目を向けるきっかけづくりを行っています。

 


「コピーライト・クリミナルズ」トークセッションに安藤和宏先生登場!

「コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?~」

ヒップホップにおけるサンプリングの歴史を紐解きながら、新しい著作権の可能性に迫る日本初公開のドキュメンタリー「コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?~」。
上映会後に開催されるトークセッションに安藤和宏先生が登場します。

安藤和宏先生は、アメリカでのサンプリング訴訟についての論文を執筆されるなど著作権法研究の第一線で活躍しておられ、また音楽業界での実務経験も豊富で、『よくわかる音楽著作権ビジネス』シリーズなど著書も多数執筆されています。

当日は、音楽の現場で活躍するDJやプロデューサーなどもゲストとして招き、
音楽著作権に詳しい安藤先生とともに、新しい音楽著作権のあり方について議論を深めます。
お見逃しなく!

安藤和宏先生 プロフィール
1963年生まれ、東京都葛飾区出身。東京学芸大学卒業、フランクリンピアース・ローセンター(LL.M.)、ワシントン大学ロースクール(LL.M.)修了、早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程博士研究指導終了。
高校教諭、音楽出版社の日音、キティミュージック、ポリグラムミュージックジャパン、北海道大学大学院法学研究科特任教授を経て、現在はコンサルタント会社のセプティマ・レイの代表取締役。
専門は知的財産法、音楽ビジネス論。著書に『よくわかる音楽著作権ビジネス基礎編4th edition』、『よくわかる音楽著作権ビジネス実践編4th edition』、『よくわかるマルチメディア著作権ビジネス(増補改訂版)』、『インターネット音楽著作権Q&A』、『夢の印税生活』(共にリットーミュージック)、『情報は誰のものか?』(分担執筆、青弓社)、『アメリカ著作権法とその実務』(共訳、雄松堂出版)等がある。

イベント情報
日時:6/21(火) 18:30開場/19:00開演
料金:前売り1000円(ワンドリンク、資料付)/ 当日1500円(ワンドリンク、資料付)
主催:5th-element.jp
後援:クリエイティブコモンズジャパン
協賛:IndiePix Films

ご予約は定員に達したため、受付を締め切らせていただきました。当日券はキャンセル待ちの若干数発行予定です。開場の一時間前(17:30)に受付にお越し下さい。
お問合せアドレス:
o_some@zoho.com


コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?~プレミア上映!!

「OPEN FACTORY」企画第35弾
コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?~プレミア上映会

6/21 日本初上映!コピーライトクリミナルズ

テクノロジーの発達により、誰もが気軽に音楽を作ることができるようになった。
果たしてDJ達のサンプリングは「違法行為」なのだろうか…デジタル時代の音楽著作権の行方は?
ヒップホップにおけるサンプリングの歴史を紐解きながら、新しい著作権の可能性に迫る日本初公開のドキュメンタリー。
クリエイティブコモンズジャパン後援プレミア上映会。
出演チャックD、デラソウル、ジョージ・クリントンほか。
トークイベントあり(詳細は後日発表します)。

主催:5th-element.jp
後援:クリエイティブコモンズジャパン
協賛:IndiePix Films

日時:6/21(火) 18:30開場/19:00開演
会場:UPLINK FACTORY (渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
料金:前売り1000円(ワンドリンク、資料付)/ 当日1500円(ワンドリンク、資料付)
予約アドレス:o_some@zoho.com

http://youtu.be/3bx7GgUtmQo