「コピーライト・クリミナルズ」トークセッションに安藤和宏先生登場!

「コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?~」

ヒップホップにおけるサンプリングの歴史を紐解きながら、新しい著作権の可能性に迫る日本初公開のドキュメンタリー「コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?~」。
上映会後に開催されるトークセッションに安藤和宏先生が登場します。

安藤和宏先生は、アメリカでのサンプリング訴訟についての論文を執筆されるなど著作権法研究の第一線で活躍しておられ、また音楽業界での実務経験も豊富で、『よくわかる音楽著作権ビジネス』シリーズなど著書も多数執筆されています。

当日は、音楽の現場で活躍するDJやプロデューサーなどもゲストとして招き、
音楽著作権に詳しい安藤先生とともに、新しい音楽著作権のあり方について議論を深めます。
お見逃しなく!

安藤和宏先生 プロフィール
1963年生まれ、東京都葛飾区出身。東京学芸大学卒業、フランクリンピアース・ローセンター(LL.M.)、ワシントン大学ロースクール(LL.M.)修了、早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程博士研究指導終了。
高校教諭、音楽出版社の日音、キティミュージック、ポリグラムミュージックジャパン、北海道大学大学院法学研究科特任教授を経て、現在はコンサルタント会社のセプティマ・レイの代表取締役。
専門は知的財産法、音楽ビジネス論。著書に『よくわかる音楽著作権ビジネス基礎編4th edition』、『よくわかる音楽著作権ビジネス実践編4th edition』、『よくわかるマルチメディア著作権ビジネス(増補改訂版)』、『インターネット音楽著作権Q&A』、『夢の印税生活』(共にリットーミュージック)、『情報は誰のものか?』(分担執筆、青弓社)、『アメリカ著作権法とその実務』(共訳、雄松堂出版)等がある。

イベント情報
日時:6/21(火) 18:30開場/19:00開演
料金:前売り1000円(ワンドリンク、資料付)/ 当日1500円(ワンドリンク、資料付)
主催:5th-element.jp
後援:クリエイティブコモンズジャパン
協賛:IndiePix Films

ご予約は定員に達したため、受付を締め切らせていただきました。当日券はキャンセル待ちの若干数発行予定です。開場の一時間前(17:30)に受付にお越し下さい。
お問合せアドレス:
o_some@zoho.com