プレスリリース

法人スタンプ初!LINEクリエーターズスタンプ「アルパカさんとスギヤマくん」にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスが採用されました

クラウドクレジット株式会社のLINEクリエーターズスタンプ「アルパカさんとスギヤマくん」クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示 4.0 国際)が採用されました。

(さらに…)

<サービス終了しています> クリエイティブ・コモンズ・ジャパンがサポーターコミュニティ運営サービス『Grow!』で、公式コミュニティを開設、個人サポーターの募集を開始。

『Grow!』のサービスは終了しています。

インターネット時代のための新しい著作権ルールの普及を目指す、特定非営利活動法人(NPO法人)クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(https://creativecommons.jp/) が、Grow! Inc. (本社:米国デラウェア州、CEO/Co-Founder : 一ツ木 崇之)が運営する、サポーターコミュニティ運営サービス『Grow!』で公式コミュニティを開設し、活動を支える個人サポーターの募集を開始しました。

この度の連携は、Grow!が掲げる「クリエイターの創作活動の健全化」というミッションと、同様の思想がクリエイティブ・コモンズ・ジャパンにも存在したことから生まれたものです。ミュージシャンやアーティストのハブとなっている当団体がコミュニティ開設することで、周囲のクリエイターの利用促進へと繋がることを望んでいます。

【クリエイティブ・コモンズ・ジャパン概要】

クリエイティブ・コモンズとは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。CCライセンスはインターネット時代のための新しい著作権ルールの普及を目指し、様々な作品の作者が自ら「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」という意思表示をするためのツールです。CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。
https://creativecommons.jp/licenses/

【Grow! 概要】

個人・団体でなんらかの活動を行なっている方は、Grow!を利用することで自身のコミュニティを作成・運営し、毎月定額の会費を支払うサポーターを募ることができるようになります。コミュニティではサポーターになって欲しい方へのメッセージや、自分の過去の作品を掲載することができます。

サポーターコミュニティを運営することで、自身をサポートしてくれる方たちと継続的な関係性を構築し、同時に特典の提供によって定期的な収益を得ることもできる、そんな仕組みとなっております。

現在サポーターを募集するコミュニティのオーナーの登録申請を受け付けております。自分の活動をアピールし、サポーターを募りたい個人・団体の方は、ぜひ登録を行なってください。

【Grow! 想定使用ジャンル】

ミュージシャン・DJ
アーティスト
ダンサー・パフォーマー
アイドル・モデル
声優・役者
ライター・エディター
漫画家・イラストレーター
フォトグラファー・映像作家
アスリート
エンジニア・デベロッパー
バンド・劇団
NPO・学生団体
ブログ・ウェブマガジン
その他

【本件に関するディスクロージャー】

Grow! Inc. にはクリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事の猪木俊宏が個人で出資を行っています。

【本件に関する問い合わせ先】

NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
理事 ドミニク・チェン
info@creativecommons.jp

<サービス終了しています> Social Tipping Platform『Grow!』とクリエイティブ・コモンズ・ジャパンが連携。 Grow!ボタンにクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを併記可能に。

『Grow!』のサービスは終了しています。

インターネット上での柔軟な著作権定義を可能にするクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを提供する特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン https://creativecommons.jp/ と、Grow! Inc. (本社:米国デラウェア州、CEO/Co-Founder : 一ツ木 崇之)が運営する、お気に入りのコンテンツにボタンを通じてチップを贈り、コンテンツ製作者を支援すると同時に、それを友人と共有するSocial Tipping Platform(ソーシャル・チッピング・プラットフォーム)『Grow!』が連携し、ユーザーが自身のコンテンツにGrow!ボタンを設置する際、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを併記することが可能となりました。

この度の連携は、自身の創作物をインターネットを通じて発信するクリエイターたちが著作権を円滑に運用できるよう、インターネット時代の新しい著作権ルールの普及を目指すクリエイティブ・コモンズ・ジャパンのビジョンと、彼らへの支援を行いたいというGrow!のビジョンが合致したことにより実現しました。

Grow!ボタンを設置しているユーザーは、各コンテンツに対し個別にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを設定することができ、設定した際にはGrow!サイト内のコンテンツページ、及び外部ウェブサイトに設置されているGrow!ボタンに、選択したライセンスのラベルが表記されるようになります。

Grow!ボタン

Grow!ボタン

【Grow! Inc. より】

Grow!の目標の一つであるクリエイターの支援という点において、素晴らしい先達であるクリエイティブ・コモンズ・ジャパン様と連携できることとなり大変嬉しく思っております。また、この度の連携によって、インターネットを通じた創作物の自由な流通、それに端を発した継続的な創作の実現を行えることを心より願っています。
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン様とは、この度の連携に留まらず、今後も密な連携を行うことで創作文化への貢献を続けていきたく思っております。

【クリエイティブ・コモンズ・ジャパン より】

クリエイターが自分のファンからの支持と同時に経済的な対価も得られるGrow!ボタンの理念は、インターネット上での作品の自由な流通を目指すクリエイティブ・コモンズの活動と補完する関係にあります。自分の作品を販売せずに、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを付けて誰でも共有できる形で公開している場合でも、受け手の間で共感の環が広がり、Grow!ボタンを介して作者への「チップ」が集まれば、創造へのより強力なモチベーションが生まれるからです。クリエイティブ・コモンズ・ジャパンはグローバルに展開していくGrow!ボタンとの連携によって、共感に根付いた文化経済へのコミットメントを開始できることを光栄に思います。

【Social Tipping Platform『Grow!』概要】

Grow!は、ウェブページに簡単に設置できる「Grow!ボタン」を通じ、インターネット上での「チップ」を実現するサービスです。「より良いものを作れば、より多くの人が知り、より多くの収益が得られる」、そんな社会の実現を目指し生まれました。

Grow!ボタンが設置されたコンテンツを気に入ったユーザーは、事前にポイントを購入しGrow!ボタンをクリックすることで、設置者に対してチップを贈ることができます。Grow!したことは各種ソーシャルネットワークにおいて拡散し、より多くの人が知ることとなります。

【クリエイティブ・コモンズ 概要】

クリエイティブ・コモンズとは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。CCライセンスはインターネット時代のための新しい著作権ルールの普及を目指し、様々な作品の作者が自ら「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」という意思表示をするためのツールです。CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。https://creativecommons.jp/licenses/

【組織概要】

法人名:特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
事業内容:クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの日本への移植と普及活動
URL: http://creativecommons.jp

法人名:Grow! Inc
登記住所:160 Greentree Drive, Suite 101, Dover, County of Kent, 19904
活動拠点:東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス8F VOYAGE GROUP内 BOAT
代表者:CEO/Co-Founder 一ツ木 崇之
事業内容:Social Tipping Platform『Grow!』の開発、運営

【本件に関するディスクロージャー】

Grow! Inc. にはクリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事の猪木俊宏が個人で出資を行っています。

【本件に関する問い合わせ先】

NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
理事   ドミニク・チェン
info@creativecommons.jp

CCJPフェロー制度の設置について

特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)では、日本におけるクリエイティブ・コモンズの普及促進のネットワークとして「フェロー」制度を設置し、2010年6月1日正式に発足致しました。

CCJPのフェロー制度は、CCのライセンスを用いた著作物の多様な利用の促進や著作権をめぐる提言など、CCJPにとってかかわりの深い分野で顕著な活躍をされている方々に、CCJPの活動への参画とアドバイスを頂くことで、より幅広い領域への貢献を実現していく事を目的として設置したものです。

2010年6月現在、フェローへの就任をご快諾頂いている方は以下の2名となります(50音順)。

・津田大介 氏(メディアジャーナリスト、MIAU代表理事)
1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。大学在学中からIT・ネットサービスやネットカルチャーをフィールドに新聞、雑誌など多数の媒体に原稿を執筆。2002年に個人運営のブログ「音楽配信メモ」を立ち上げ、ジャーナリスト活動を開始。その後文部科学省文化審議会著作権分科会の小委員会で専門委員を務め、著作権やコンテンツビジネスの動向について積極的に発言。2007年にはインターネット先進ユーザーの会(MIAU、現・インターネットユーザー協会)を設立。

・山崎富美 氏 (国立大学法人電気通信大学客員研究員、Joi Labsリサーチャー)
国立大学法人電気通信大学客員研究員、Joi Labsリサーチャー。NTT、マーケティングリサーチのインタースコープからデジタルガレージへ。ブログ検索の「テクノラティジャパン」立ち上げと運営、VC投資やカンファレンス運営、クリエイティブ・コモンズやiCommons等に関わる。 2009年独立。

INTO INFINITYプロジェクト公式iPhoneアプリがAppStoreに登場!

>> ENGLISH VERSION

〜クリエイティブ・コモンズ・ジャパンとAPPLIYA制作のリミックス・アプリ公開開始〜

共同リリース:
特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン+APPLIYA株式会社+NPO Creative Commons (US)  + DubLab
日本、米国、世界 – 2009年11月13日

> PDFダウンロード

> プレス用画像ダウンロード

(さらに…)

クリエイターや一般ユーザーは日本版フェアユース導入に積極的
〜クリエイティブ・コモンズ・ジャパン、ウェブ・アンケートの集計レポートを公開〜

特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(本社:東京都港区 代表者:中山信弘)(CCJP)は、本日9月15日、日本版フェアユース導入に関する一般ウェブ・アンケートの集計レポートをホームページで公開しました。同レポートは9月18日の文化庁・文化審議会著作権分科会法制問題小委員会に配布資料として提出する予定となっています。

(さらに…)

日本版フェアユース導入についてのアンケート、開始!

<アンケートの目的>

  現在、文化庁では、著作権法の改正の1つの重要問題として、コンテンツの創作や利用に大きな影響を与える可能性のある、「日本版フェアユース」の導入についての議論がなされています。今年はこの日本版フェアユースを導入するか否かを決めるとても大事な年です。 

(さらに…)

音景2008: 楽曲提供アーティスト追加参加!

“Chain MUSIC to VIDEO, Change the WORLD〜音楽と動画をつなげて,世界を変えよう”
https://creativecommons.jp/onkei2008/

クリエイティブ・コモンズ ミュージック・ビデオ・コンテスト「音景2008」楽曲提供/審査員として,新たにファンタスティック・プラスチック・マシーンと,CHIYORI x Shing02 (produced by DJ Top Bill)が参加しました。

ファンタスティック・プラスチック・マシーン (FPM)

アーティスト、プロデューサー、コンポーザー、アレンジャー、リミキサーそしてDJとして国内はもとより、ヨーロッパ、アメリカを中心としてワールド・ワイドに活動し、高い評価を得ている田中知之のソロ・プロジェクト。
特に強く傾倒したボサノヴァや、60年代の映画音楽などから受けたインスピレーションをハウスミュージックを中心とした現代音楽へ吸収、発展させ、もはや独自の世界を確立していると云える。豊富なキャリアと抜群のセンスを誇るDJとしても勿論、その活動は今や世界のクリエイターの注目するところである。

http://www.fpmnet.com/

CHIYORI x Shing02 (produced by DJ Top Bill)

Shing02(しんごつー)

最先端のテクノロジーと解放的な文化が共存するサンフランシスコのベイ・エリアで才能を磨いている一人のMC / プロデューサー。
1997 年より日本で活動開始。これまでに「絵夢詩ノススメ」、「Pearl Harbor / Japonica EP」、「緑黄色人種」、「400」を発表。 国内外のプロデューサーとの客演も多数こなし、即興ジャズ・トリオ「Kosmic Renaissance」としての活動を経て成長を遂げた。 2002年「400」以降、Shing02日本語アルバムが、6年の制作期間を経て遂に完成。歪曲された社会に提示する人源サンプリング集「歪曲」は、平成20年6月18日全国公開。

http://www.e22.com

http://www.myspace.com/shing02

CHIYORI(ちより)

声楽、独唱、合唱、遊びなどに幼少期を捧げつつも、太いベースやドラムの重低音の効いた音楽に惹かれてゆく。様々なバンド経験を経て、高校時代にMUTA・DJ琥珀 (現Libra Record) らと出会い熊本へ渡りcrewを結成し活動する。彼等の作るトラックの上で、作曲に目覚め独創的でジャンルにとらわれない自由で独自なボーカルスタイルを追求し、見出してゆく。 同時に熊本を代表するREGGAEバンド、POLY RIDDIMの活動にも携わるなど、熊本の音楽シーンで大きな信頼を得てゆく。 その後東京へ拠点を移し今に至る。現在では様々なトラックメイカーとの共作により更にCHIYORIの世界観を広げていっている。 そんな中CLUB活動もこよなく愛し、中野HEAVY SICK ZEROにて「TEC ROCC」を主催/出演するなど、精力的な活動を行う。2007年3月志人(降神)×桜吹雪によるE.H.H.project「BBBA」に客演。2008年4月 Memory Stormのファースト・アルバムに参加、収録曲「Shooting Stars」にボーカリストとして参加。2008年6月発表のShing02「歪曲」にボーカリストとして参加。現在、同じ目線で音楽を共有する同世代のプロデューサー達とファーストアルバム制作中。今夏、シングル”Call Me” b/w “悲海”をMary Joy Recordingsより発表予定。

http://www.myspace.com/chiyorism

DJ Top Bill(DJ トップ・ビル)

DJ、プロデューサー、エンジニア。Top Billion Studios主宰。カリフォルニア州 のExpression College for Digital Arts, Sound Art 科卒。サンフランシスコのDJバトル・シーンで実力を付け、Zebra Records Battle 優勝。1996年よりShing02のDJを務めるようになり、多数音源にスクラッチで参加。また、DJ Kou、DJ RyotaとCircus Djs を結成。ウエスト・コースト・ファンクやレア・グルーブを中心としたミックス・テープ ”Top Billion Dollar Breaks” シリーズから音源制作を始め、DJ Top Bill + Shing02 「Sun In The Baycement」(2003)、「Avatar」 (2005)、DJ Top Bill 「Prelude To One Dollar Store」 (2005 アルバム)といったオリジナル作品を発表。活動拠点を日本に移した後は、Circus Djsのルーティーンを収録したミックスcd「Live Show (2003-2005)」 (2006) や、ラテン・バンドのCopa Salvo のキーボーディスト、小西エリとのデュオ Eri Bill Orchestraとして「Tropical Temple」 (2007) を発表している。エンジニアとしてもShing02、Candle、Ari1010、CHIYORI らの作品に貢献するなど、上町のナポレオンとして君臨している。

http://circusdjs.com

http://myspace.com/djtopbill

アーティストの更なる参加によって,楽曲のダウンロードと詳細はhttps://creativecommons.jp/onkei2008/judgeをご参照ください。