オープン・デモクラシーがiSummitのために準備する

今週の末、iCommons SummitでopenDemocracyは自分のサイトにオープン・コンテンツ、フリー・カルチャー、デジタル・コモンズ 、そして「初心者のためのiCommons」というタイトルの有用な記事を扱う作家たちと一緒に、有益な議論と討論の場を開いた。

このサイトによると、「単語、サウンド、そしてイメージの豊かで驚くべき組合は新しい、トランス・カルチャー的な創造空間を生成している。


デジタル・コモンズはまた無料で、著作権の下で文化を保護しようとする法的、ビジネス的、および芸術的興味をもっている人たちの反対を起こさせる。」

この議論は今週23日金曜日までは毎日アップデートされ、拡張される。また、「Do you remix?」を問うフォーラム・ディスカッションにも参加できる。

今週予期された記事は、デービッド・ベリーのiCommonsと政治的構造、ジェーン・ポータルの北朝鮮国有の芸術と文化の著作権、そしてサーダ・マイルのエチオピアにおける著作権と文化遺産と所有権の衝突などを含める。

わくわくさせるコンテンツとコモンズについての会話-期待できるイベントの完璧な前奏曲

オリジナルポスト:openDemocracy prepares for iSummit 2006/6/20

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中