(ほとんど)住んでいるシカゴより:Bob Jollifeeのフリーソフトウェアと自由憲章について

16時45分、私はシカゴでちょうどBob Jolliffeの革新的な南アフリカのための自由というおもしろくて感化される講演を聴いている。それは、フリーソフトウェアと、自由憲章の旗のもとに南アフリカ人が激しく戦って勝ち取った自由と深く関連している話だ。FLOSSコミュニティによって作成されたソフトウェアは、アフリカ全土において開発プロジェクトの中で使われている。その安定性と拡張性は、明らかに進歩的だ。


Amarutya Sen(アマルティア・セン)のアイディアを利用しているBobは、もし政府や開発系非営利団体によるFLOSSソフトウェアの利用や採用が、発展の重要な段階として、自由の拡大にそれほど重要な価値ではなかったとしたら、もっと根は深いと指摘した。
もし発展が人々の可能性をより高め、彼らが望むような人生を送れるようになるとしたら、単なる物資の配布を減らせるのみならず、自由を手に入れることができるだろう。
Free Software Manifestoとアフリカの自由に関する考え方をもとにした自由主義者の考え方の間には、緊張がある。その緊張とは、不利益なものではなく、むしろ著作権を最大化するれ整理済みの前提から離れて、自由に関する必要な議論に取り掛かる機会になる。

By acodemic
オリジナルポスト:(Almost) live from Chicago: Bob Jolliffe on Free Software and the Freedom Charter(2006/5/16)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中