「共有」についてアメリカで最も進んだ考え方を持つ経済学者

アメリカの最も優れた経済学者と言われているケビン・マーフィーによる分析は、医療における研究活動の飛躍的な進歩に関する自身の調査について言及している。革新についての新しい考え方は、一体何を起こしたのか?

これらは健康と医療の応用においてはいまだに発展段階なのだが、マーフィーがそれを持ち出してきた時、マーフィーそれにテペロもまたヘルスケアにおける革新のプロセスやそれをスピードアップさせるための応用方法について”ほんの少しだけ”進んだ考察を始めたのだった。


マーフィーが言うに、彼らは”純粋に機械的な視点”を取らずにとある世界について考えることにした。その世界の中では、あるプレイヤーがルールの調停をし、他のプレイヤーはその枠組みを最大限に利用する。たとえば研究をサポートする政府や慈善団体は発展プロセスをスピードアップさせるような新しい知識を共有するためのルールを作るかもしれない。

つまりこれは概念だ。私達はそこへ向かって進み始めたのだ。

(太字部分)University of Chicago Magazine の記事を参照

これについてはクリエイティブ・コモンズも意見を述べているので、
気になる方はScience commonsをチェック。

オリジナルポスト:America’s smartest economist on sharing by Mike Linksvayer

翻訳:Y1496

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中